風俗嬢は若いほうが最高

風俗でのあの感覚は忘れられない

やっぱりオナニーと風俗は別物というか、確かに同じように性欲を発散するものだとは思いますけど、基本的には別物かなって。何せ快感の度合いそのものが大きく異なるんじゃないかなって思うんですよね。自分の右手と女の子。まぁ同じな訳がないんですよね(笑)それに、風俗ではいろいろな楽しさが待っていますけど、一つだけ忘れられないものがあるんです。毎回それを楽しむ訳じゃないんですけど、男の潮吹きはいいですね。初めて味わった時、虚脱感が半端なかったです。性欲に関するモチベーションすべてが放出されたかのようなあの開放感…。あれは未だに鮮明に覚えています。すべてを出し切ったというか、自分なりにいろいろな気持ちを味わうことが出来たあの時間は、自分の中でも本当にいろいろになりましたし、その衝撃が凄すぎたからこそ、風俗の世界によりハマっていった部分もあるんじゃないかなって思いますね。とにかく風俗は男にとってはロマンそのものですよ。

価値というよりももはや風物詩

価値があるというよりも、もはや新人風俗嬢を選ぶのは自分の中では風物詩になりつつあるんですよ。新人の方がまだまだたどたどしいんです。ベテランと比べれば業界にも、そして男性客にも慣れていないんです。男性経験が豊富でも、やっぱりお客と接することと男性経験は必ずしもイコールでは繋がらないと思いますしね。だから新人は慣れていない部分があるのは間違いないんですけど、それが逆に新鮮で楽しいって人も多いと思うんですよ。だからこそ、新人風俗嬢を依頼するのは自分の中では風物詩と言っても過言ではないんです。別に完璧にこなしてくれることを求めているのではないんです。女の子とどれだけ楽しい時間を過ごせるのかが大切だと思うので、風俗では新人を指名することが多いです。結局その方が、自分の中でですけど外れが無いんじゃないかなって思いがあるんですよね。それだけに、風俗では新人を狙いがちなのは、当たり前のような気もしないでもないんです。