風俗嬢は若いほうが最高

コツコツ。それがいいのかなって

あまり大きな物を狙うのではなく、あくまでもコツコツ。それが自分の風俗の楽しみ方の秘訣でもあるんですよね。あまり大きな物を狙うのではなく、ヒット狙い。大振りでホームランを狙うのも良いんですけど、確実に塁に出るようなバッティングを心掛けています(笑)だから風俗のホームページを見ても確信が持てる相手だけを指名するようにしています。顔出しNGの子は、どんな展開になるのか分からないのもあるので敬遠せざるを得ないというか(苦笑)きっと思い切って指名したらよい思いが出来るのかもしれないんですけど、それよりは顔を出している子の方が確実性があるじゃないですか。どうすれば自分でも楽しめるのかも分かりますしね。それがある意味では自分のモットーでもあるので、その点はしっかりと意識しないとなって思っています。でも、あまり深く考えすぎないようにとも思っています。風俗は本能を満たすものだと思うので理屈に偏り過ぎるのも勿体ないですしね。

現実でお金を使いたい

それまで、とあるオンラインのゲームにハマっていました。定額制ではなく、課金制なので月額にすればかなりの額をつぎ込んじゃいましたね。あの手のゲームは、冷静になった今だからこそ思えるんですけど、自分の好きるじゃないんですよね。それこそ札束で殴り合っているだけのような状況なので、ゲームスキルとか関係ないんです。お金、そして時間。それらがある人が上に立てる世界なんですよ(笑)でも、そこでどれだけお金を使ったとしても、何が残るでもないんですよね。そう思ったのと、次々やってくる課金を強制するかのようなあの雰囲気に、自分の心も折れました(笑)それで、もう良いかなって気持ちになってしまったんですよね。そのお金で、今では風俗に通うようになりました(笑)風俗もゲームも快感なのは変わらないとは思うんですけど、少なくとも生身の女の子を相手に出来る分、自分は風俗の方が有意義なんじゃないかなって思うようになったんですよね。